FX 初心者向けの必勝講座から、勝ち組が取引で使うFX会社の徹底比較までFXに関する幅広い情報を紹介しています。

初心者の為の「サルでもわかるFX」 勝ち組 FX会社徹底比較
初心者の為の「サルでもわかるFX」 →  FXとは??

FXとは??

為替差益で設ける商品

価値が差がている時に通貨(外貨)を買って、上がったときに売る!!

FXとはForeign Exchangeの略で、日本の正式名称は「外国為替証拠金取引」といいます。
証拠金をFX会社に預け、その会社を通して外貨(ドル、ユーロなど)を売り買いします。

日本円とドルでの例

例えば、1ドルが90円の時(円高時)にドルを買います。その後、ドルの価値が上がり1ドルが100円になった時(円安時)にドルを売ると、 100円-90円=10円の差額分が儲けになります。
価値が安い時に買って、価値が上がった時に売れれば当然儲かりますね。

また、初心者の方には理解しにくい話ですが、ドルが高い時(円安時)にドルを売って、ドルの価値が下がった時(円高時)にドルを買い戻す。といった、 逆のパターンで儲けるけることも可能です。

つまり、FXは外貨を「買って売る」又は「売って買い戻す」という行為の繰り返しで儲けるのが基本パターンになります。



FXの特徴メリット

平日であれば24時間いつでも取引可能

FXは基本的にインターネットが出来る環境であれば、24時間いつでも、どこでも取引が可能です。
日中仕事で忙しい方でも、朝の数十分、昼休みの数分、仕事帰りの深夜帯などで取引が出来るので、手軽に暇を見つけて取引することができます。

通貨間の金利差=スワップポイントでも稼げる

金利の安い通貨を売り、金利の高い通貨を買っていると、 金利差額であるスワップポイントがもらえます。例えば、低金利の日本円(0.1%)を売って、高金利の豪ドル(3.5%)を買う"買いポジション"の場合、0.1%の金利を支払って3.5%の金利を受け取るため、その金利差は3.4%、"買いポジション"を持ち続けている間はスワップポイントが永遠と貯まっていきます。

この場合、"売りポジション"をもつと、逆にスワップポイント(金利差)を支払うことになるので注意しましょう。ただし、"売りポジション"でもスワップポイント(金利差)以上の為替差益を得られれば、"売りポジション"でも利益を得ることは可能なので、あまり気にしない方が良いかもしれません。

外貨預金と比べ、手数料が安い

一般的に外貨預金は1万ドルあたり片道1万円で往復2万円前後かかります。しかし、FXであれば、取引通貨にもよりますが、ほとんどの企業は0円~数百円前後でなので、非常に安いです。

レバレッジを使って、低資金で、効率よく稼ぐ

FXにはレバレッジといって預ける証拠金の数倍~数百倍の取引が可能で、少ない資金でもレバレッジをうまく利用すれば、大きな収益が望めます。

投資対象通貨が少ないので、株より簡単

FXは主要通貨ペアが10~20程度なので、株取引のように銘柄選びに迷うことがあまりありません。
また、数が少ないので、毎日の情報収集やチェックも楽チンです。

<<新しい記事過去の記事>>



1234

デイトレ派にオススメ 一回の取引にかかるコストを抑制しましょう!


スワップ派にオススメ 長期運用なので、小さな差が大きな差になります!



Copyright © 2008 All right reserved by 初心者の為の「サルでもわかるFX」
運営者情報 | お問い合わせ